セックスレスは不倫への道

MENU

セックスレスから生まれる人妻の性欲は我々を歓喜させるの巻

 

前項で触れた「30を過ぎた女性がエロくなる説」がありましたが、
そもそも性欲が強くなるからと言ってなぜ出会いたいに繋がるのでしょうか。

 

ここにも確たる事実があるのです。

 

現代のテレクラはケータイやスマホがあればどこでも利用できる”ツーショットダイヤル”という形で遊ぶことができますが
そこにはテレフォンセックスというコーナーが設置されていまして、このテレセで33歳の人妻さんとエッチな会話をすることに
なったのです。

 

お互いにテレフォンセックスで遊ぶ目的で電話をしているので出会いたいという欲求があったわけでもなく、
エッチな会話をしながら相互オナニーを楽しんでいました。

 

しかし、どうも声が小さい。というよりは声を出すのを我慢しているという印象だったのです。
テレエッチの途中ではありましたが気なることがあると一人エッチに集中できないので、

 

「どうしたの?なんかあった?」

 

と聞くと、なんとトイレの中で電話しているというではありませんか。
確かに夜中に人妻が一人になれる場所というとそう多くはありません。

 

しかしトイレとは驚きました。

 

「旦那さん大丈夫なの!?」

 

「もう寝てるから大丈夫です・・・」

 

今までしていた妄想会話を中断してこっちの話題の方がエロいんじゃないかと思い
人妻の話を聞くことにしました。

 

「旦那がいるのにトイレで電話オナニー?」

 

「はい・・・」

 

「旦那さんとセックスすればいいのに」

 

「疲れてるからと言ってスグに寝てしまうので・・・それに、、、」

 

確かにこの電話からも伝わってくる物静かな雰囲気の女性には自分からエッチしたいと
言えるタイプではなさそう。そして次から次へと出てくる旦那さんへの愚痴。
これは相当性欲とストレスが溜まっているな、と。

 

なるほど、ここは自称人妻キラーのSHIGEが一肌脱ごうではありませんか。

 

「もしかして家って○○周辺?」

 

「え!?はい、なんで知ってるんですか??」

 

元々テレクラというのは近所の相手の出会いを目的とした番組なのでテレフォンセックスの相手も
近所、という場合が多々あり、今回も例外ではなかったのでズバり的中でした。

 

 

翌日、平日休みだった私は思い切りました

 

「明日、会ってエッチしようか」

 

「え!?」

 

否定も肯定もしない。こういう場合は行けます。確実に。
唐突な質問にすぐさま回答できないであろうことを想定していた私は
畳み掛けました。

 

「お昼前とお昼すぎならどっちが都合いい?家事とか大変だろうからお昼過ぎにしよっか」

 

「はい、おねがいします」

 

昔ナンパをしまくっていた先輩に教わった技、

 

断る選択肢を入れない

 

です。本当に使えますよこの技、一度試してみて効果を実感してみてください(笑)

 

当日の昼過ぎに約束の場所へ行くと、
想像していた通りの目立たない感じの女性がいました。
たわいもない会話をしながら車でラブホテルへ直行。

 

相当エッチをしたかったのかシャワーを浴びる前からパンツが濡れている状態。

 

どこまで性欲が溜まっているんだ主婦という生き物は。。。
エッチの最中も昨日の電話エッチからは想像もつかないような喘ぎ声で
超敏感体質な身体をくねらせながら感じまくり。

 

セックスレスだけあってアソコの閉まり具合は100点満点。

 

こんな良質な人妻がこの世に、いや近所にいたなんて。
セックスレス旦那に感謝感謝な日となったといっても過言ではありません。

 

このような経験から、
セックスレスで欲求不満状態になっている人妻は
自らの性的欲求を抑えられずにいる。出会いを探している。もしくは出会たいという願望をもっているのです。

 

思わぬ所から出会い、そして関係を持つところまでに発展することができる。
人妻ならではの魅力の一つなのは間違いありませんね。

 

ですからテレクラや出会い系で相手を探している人妻はセックスレスなどで
欲求不満になっている可能性が高くSEXに興味があるので人妻とのエッチな出会い
は比較的簡単に見つかるのです。